コンテンツ重視のアフィリエイト

googlepenginpanda

googleは『ユーザー目線の検索エンジン』を目指しているというのを聞いたことがあります。
ユーザが求めている情報を検索結果に出すことがgoogleの目指す検索エンジンと言うわけです。

なのでブラックハットなSEOをして無理やり上位表示を目指す悪質なアフィリエイトサイトを嫌うわけです。

ではどのようなサイトがユーザー目線なのかというとコンテンツがしっかり入った信頼性の高いサイトということになります。

ではコンテンツ重視のアフィリサイトのメリット・デメリット・作り方などを解説したいと思います。

コンテンツ重視アフィリエイトのメリット

コンテンツ重視型アフィリエイトのメリットは

  • 初期費用が少なくて済む
  • googleに嫌われにくい
  • 運営サイトが少ないので管理が楽

コンテンツ重視型のアフィリエイトを考えている人は初期費用が少ないので簡単に始めることが可能です。
やり方としてはテーマ(キーワード)を決めてサイトを充実させていく!
簡単にいえばそんな感じです。

気をつけなくてはいけない事が2つあります。

ひとつはキーワード選びもう一つは記事のボリューム

キーワードはすごく重要で初心者がいきなり脱毛やFXといった競合が多いところは避けるべきです。
よっぽどほかのサイトにはないオリジナリティの高いサイトが作れるのならいいのですがそれ以外の場合はミドルワードぐらいのキーワードをトップページにして下層ページでロングテールを拾っていく感じが成功するポイントです。

 

記事のボリュームに関しては1ページ500文字とかでは少ないです。2000文字を目標にしていくとgoogleの評価が落ちにくいです。
文字数はあくまで参考値なので文字数よりもコンテンツ(内容)が重要です!内容も文字数(情報量)もあるページが沢山あればユーザーにとって役に立つサイトになりますので意識しながらやってみてください。

コンテンツ重視のアフィリエイトの流れ

コンテンツ重視のサイトを作る場合はワードプレスもしくはシリウスを使うと簡単に作成できます。

僕の場合はほぼワードプレスで作っています。ちなみにテンプレは賢威が非常に相性が良いと実感しています。

 

■ステップ1 メインサイトを作る
ドメイン取得→レンタルサーバーにワードプレスを入れる→記事を更新していく

■ステップ2 サテライトサイト3つ作成
中古ドメインを1つ取得 → 被リンクを当てる → 無料ブログから被リンクを当てる

と言った具合にサテライトからは3本程度被リンクをだすと効果があります。

 

後は記事ごとにロングテールのキーワードを意識しながら書いていけば自ずとアクセスが集まるようになってきます。

最初はなかなか成果に結びつきにくいですが後にはそのサイトが大きな資産となり稼ぎ続けてくれるサイトになります。

僕のサイトの中でもミドルワード(脱毛系)で上位表示して繁忙期で月に100万円以上売り上げるサイトがあります。

datumouseika

(詳しくは賢威の紹介ページをご覧下さい。アクセス数なども載せてます。)

コンテンツ重視のアフィリエイトのデメリット

サイトへアクセスが集まるようまで多少時間がかかります。

早くて2ヶ月、遅ければ半年程度かかることもあります。

今までは被リンクをドンドンつけていけば意外と早く上位表示できていたのですが現在はペナルティを食らう恐れがあるので自作自演の被リンクを付けずにあがるのを待つので時間がかかってしまいます。

コンテンツ重視のアフィリエイト初期投資額

比較的低予算でではじめられるので片手間でアフィリエイトをする人にとっては向いていると思います。

ドメイン代は900円 レンタルサーバー250円/月(ロリポップ) ワードプレステンプレート賢威 24800円

30,000円かからない程度です。

賢威が少し高いですがコレを使うのと使わないのとではSEO的にかなり差がでますのでコンテンツ重視のアフィリをする方は購入することをおすすめします。

賢威でSEOの効果を実感した記事も合わせて読んで下さい。

サブコンテンツ

このページの先頭へ